避妊に失敗したらアフターピルを飲む

避妊に失敗してしまった時、妊娠してしまうのを避ける方法としてアフターピルが存在します。
ピルは一般的に女性ホルモンが配合された薬で、妊娠した時のホルモンバランスに調整することで身体を勘違いさせ、妊娠するのを防ぐことができます。
しかしピルを服用せずに避妊を失敗した時は、後から通常のピルを服用しても避妊効果を得られません。

緊急避妊薬のアフターピルは、レボノルゲストレルという緊急避妊専用の薬を服用するか、中用量ピルを多めに服用するヤッペ法の二つが存在します。
一般的に承認された時期が新しいレボノルゲストレルの方が、中用量ピルを使用するヤッペ法よりも避妊の確率が高いとされてます。
もちろん飲むタイミングなどで薬の効果は左右されますが、ヤッペ法が薬を2回に分けて服用する必要があるのに比べ、レボノルゲストレルは服用回数が1回です。
飲み忘れや飲み間違いのトラブルが起こりにくさも、緊急避妊薬の効果の高さに一役買っています。

アフターピルにレボノルゲストレルを服用する場合、避妊失敗のあと72時間以内にレボノルゲストレルを服用する必要があります。
もしも何らかの事情で72時間が経過してしまった場合でも、120時間以内であれば避妊できる可能性が残されています。
ただし、避妊の確率は72時間以内よりも低下するので注意しましょう。
どちらの方法を用いて緊急避妊した場合でも、のちに出血が始まれば避妊が成功した証拠となります。
出血まで時間がかかる時は、妊娠判定薬を使って妊娠しているかどうかを確認することも可能です。

レボノルゲストレルがアフターピルとして優れている点に、副作用の少なさが挙げられます。
ピルやアフターピルは用量が増えれば副作用が起こることも多くなり、特に吐き気や気持ちが悪さ、めまいや嘔吐などの症状が見られます。
中用量のピルを用いるヤッペ法と比較して、レボノルゲストレルは吐き気やめまいなどの症状が現れにくいのが特徴です。

アフターピルの代表、アイピルの紹介

アイピルとは有効成分レボノルゲストレルが配合された薬で、緊急避妊薬として望まぬ妊娠を防ぐ目的で使用されます。
アフターピルのため、通常のピルよりも効果が強力です。
そのため、アイピルを通常のピルのように毎日服用することは望ましくありません。
性行為ののちに72時間以内に服用すれば高い確率で避妊できるのが特徴で、さらに24時間以内に服用すれば、より高い確率での避妊が可能です。

レボノルゲストレルを含むアフターピルには先発薬が存在しますが、アイピルは先発薬と同じ効果が期待できる上に、安い価格で購入できるメリットがあります。
先発薬のように処方薬として購入することはできませんが、個人輸入を行うことで購入できます。

アイピルには排卵前なら排卵を遅らせるか、排卵そのものを止める効果があります。
排卵が起こってしまった場合でも、受精卵が子宮へ着床するのを阻止するのが特徴です。
他にも子宮頚管に存在する粘液を変化させることで、精子が子宮内に侵入するのを止めるなど、複数の効果で緊急避妊を行います。

注意点として、アイピルはすでに妊娠してしまった場合に効果がある中絶薬とは異なります。
服用した時点で受精卵が子宮に着床している場合は、妊娠が成立してしまいます。
そのため、妊娠の可能性がある場合はなるべく早く服用するのが重要です。

アイピルに含まれるレボノルゲストレルは、副作用が少ないことで知られてします。
しかし体質や身体の調子によっては吐き気や嘔吐が起こる可能性があります。
吐き気を防ぐために、アイピルを服用するのは食事の後にしましょう。
もしも服用後に嘔吐してしまった場合でも、服用して3時間以上が経過していれば、すでにアイピルは消化されているので問題ありません。

おすすめ記事