生理痛がひどい場合は漢方薬もおすすめ

生理痛は、個人差はあるものの多くの女性を悩ます辛い痛みです。
生理痛を和らげるのに有効な手段は様々あり、適度な運動やヨガ・ストレッチが良いとか、市販薬や病院でもらう処方薬を使うとか、食事やサプリメントで軽減するとか、人によって合う方法が異なります。
生理痛は病気ではありませんが、その痛みを決して我慢する必要はありませんから、仕事や日常生活に支障が出るなら遠慮なく薬に頼るべきです。
しかし、中にはいろいろ試してもなかなか生理痛が軽減しないという人もいます。
そんなときは漢方薬に頼ってみるのも一つの手です。

漢方薬の画像処方薬は痛みに対して直接効きます。
即効性は期待できますが根本的な解決には結びつかず、すなわち生理痛が出たら毎回服用しなければなりません。
一方で漢方薬は、痛みに直接作用するというよりも体質改善を目指します。
血の巡りを良くすることで冷え症の体質を改善し、温まれば痛みが和らぎます。
ストレスを和らげることでも鎮痛作用が期待できます。
自身がもつホルモン分泌が不調となる原因を根本から正し、結果として女性ホルモンのバランスを整えて生理痛の軽減を期待することができるのです。

漢方は、病気と認められないような症状や具体的に言い表せない何となくの不調も得意とします。
病院に通うほどではないけれどと感じるような状態は、体質や女性ホルモン、栄養バランスやストレスなどのバランスが少しずつ傾いた結果、ちょっとした不調として身体に現れていることが多いです。
病名がないと処方しづらい西洋薬と異なり、今ある不調に対して効果が期待できる漢方薬を服用することで、これらのバランスを整えて全体的な改善を目指すことができます。
そういった意味でも、生理痛への対処法のひとつとして漢方薬は心強い味方になってくれます。

漢方薬は病院でも処方してもらえますが、自分で調べてドラッグストアで購入することもできます。
その場合は、自分の症状を把握し、それに有効な漢方薬を事前に調べてから購入することが大切です。

ドラッグストアに漢方薬は置いている?

生理痛に効果が期待できる漢方薬はドラッグストアでも購入することができます。
中でも当帰芍薬散、加味逍遙散、桂枝茯苓丸は手軽に購入でき、重い生理痛に悩む女性たちに人気があります。

当帰芍薬散は血液や水分の巡りを良くします。
これにより身体全体が温まり、また血行に乗って栄養や酸素が全身に行き届きやすくなると同時に老廃物の排出も促すことができます。
冷え症や月経不順の改善が期待できます。

加味逍遙散は血の巡りを良くするとともに、イライラや不安定な気持ちを静めます。
漢方では気という言葉で言い表し、これは全ての活動の原動力として必要不可欠ですが、血液やホルモンなどのバランスが崩れて気だけが強まるとイライラや不安、ストレスとして現れると言われています。
心理的なストレスを取り除くだけでも痛みが和らぎ、結果としてホルモンバランスを整えることに役立ちます。

桂枝茯苓丸は血液と水分の巡りを改善します。
冷えは生理痛を悪化させますので、血行を良くしておくことは重要です。
温かい血液は気とともに頭の方へ上りやすく、逆に下半身は血液が巡らず冷えが起こりやすいです。
桂枝茯苓丸で滞った血行を良くすることで下半身の冷えを改善し、上半身に上っていた血液や気を全身に下ろしてバランスを整える役割があります。

このように、漢方薬は身体の血液や気に働きかけることでゆっくりと体質を根本から改善していきます。
漢方薬ごとに得意な作用が異なるため、複数の種類を組み合わせて使うことでより高い効果が期待できます。
今すぐ痛みを取り除きたいときは処方薬に頼るのも良いですが、生理痛は長く付き合っていかなければならないものですから、身体の中から改善していくことで薬に多く頼らなくても済むようにしていくのも大切です。

おすすめ記事