低用量ピルの効果の紹介

妊娠を望まない男女であれば、性行為の際、避妊を行うことは必要不可欠です。
望まない妊娠をしてしまうと、例え出産した場合でも堕胎した場合でも、大変な思いをすることになり、特に女性は身体も心も傷つく結果となってしまうことが少なくありません。

そういったことを防ぐため、どのような避妊法を使えばいいのだろう、と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
一口に避妊と言っても様々な方法があるため、迷ってしまい、結局周りの人がやっている方法を真似するというような方もいると思います。
しかしまずは、それぞれの方法がきちんと効果のあるものなのかどうかを知ることが大切です。
現在、日本で最も採用されているのが、手軽に購入できる男性用コンドームを使った避妊ですが、実はこれは完璧な方法ではないのです。
コンドームは使用中にずれてしまったり破れてしまったり、避妊が失敗してしまう可能性があります。

低用量ピルを紹介する女性そこで、コンドームによる避妊にかわって、最も効果的だと考えられているのが、女性が低用量ピルを服用することによる避妊法です。
実は、海外ではコンドームは性病を予防するために広く利用されていますが、避妊に対する効果が高くないため、避妊具ではないと考えられている国が多いのです。
そういった国ではやはり、低用量ピルの服用が効果的な避妊法として低用量ピルは、薬局やドラッグストアでは販売されていませんが、産婦人科で検査を受ければ、トリキュラー等を処方してもらうことができます。

トリキュラーは、正しく飲み続けることで排卵を抑制でき、また子宮内膜が厚くなることを抑えることで、着床を防ぐことができます。
そもそも排卵をしなければ妊娠をする可能性はゼロですので、ほかの避妊法と比べても、失敗する確率が低く、効果的な方法であると言えます。
つまり低用量ピルであるトリキュラーは飲み忘れに注意し、間違った飲み方をしたりといった失敗をしない限りは圧倒的な避妊率を誇る大変効果的な方法なのです。

避妊以外にも役立つ低用量ピルの効果

低用量ピルの服用には、避妊以外にもたくさんのメリットがあります。
まず、低用量ピルを服用することで生理が毎月決まった時期に来るようになり、生理周期が安定します。

そのため、突然の生理に慌てる必要も無くなり、旅行の予定なども立てやすくなるでしょう。
生理周期が不安定な方への治療としてピルを処方するというようなこともあるため、その効果は信用できるものです。
また、低用量ピルの服用を続けることで、婦人病が予防できるという効果もあります。

例えば、卵巣ガンや子宮体ガンといった命に関わるような婦人病や、線維腺腫などにかかるリスクを減らすことができるのです。
卵巣ガンは治癒率が低く、近年、卵巣ガンで亡くなる若い女性が増えてきているため、その予防が簡単にできるというのは非常に大きなメリットだと考えられます。
他にも、低用量ピルは子宮内膜症の改善にも効果があります。
日頃、生理痛がひどく鎮痛剤を常備しなければならないというような方は、もしかすると子宮内膜症の症状が出てしまっているのかもしれません。

低用量ピルを服用することで、子宮内膜症の緩和につながり、症状が改善する可能性があります。
また、子宮内膜症による生理痛だけでなく、PMSの症状や普段の生理痛が改善する場合も多いです。
毎月、生理中だけでなく生理前まで激しい頭痛や腹痛、眠気や気だるさに悩まされている方は、一度産婦人科に行き、低用量ピルの服用について医師に相談してみてはいかがでしょうか。
PMSや生理痛といった症状は、男性にはなかなか理解されにくく、女性の中でも症状が重い人、軽い人の間に溝があるため、相談するハードルが高いですが、専門の医師に相談してみることで、改善の糸口が見えてくるかもしれません。

おすすめ記事