低用量ピルの使用でニキビが治る?

ニキビを気にする女性低用量ピルはニキビに効果があるといわれていますが、効果がある症例はホルモンバランスが原因で症状が出ているケースとされています。
女性にも男性ホルモンが分泌されており、ホルモンバランスが乱れると男性ホルモンの活性が上がりニキビがひどくなるケースがあります。

なぜ低用量ピルを服用するとニキビが治るのかについては、低用量ピルの主成分のエストロゲンがステロイドホルモン結合タンパクに作用し皮脂腺から分泌される皮脂が減少することがわかっています。
ステロイドホルモン結合タンパクが皮脂腺に作用し、皮脂の量が増加してしまうと大人のニキビができやすくなるためエストロゲンが配合された低用量ピルを服用し、ホルモンバランスを一定にすることでニキビを防ぐことが出来ます。

低用量ピルを使ってニキビの治療を行なうクリニックは増加傾向にあり、一般的な皮膚科の保険診療の対象ではありませんが美容外科やニキビの治療に力を入れているクリニック、一部の婦人科などでホルモン療法がおこなわれています。
ニキビ治療薬には一般的には外用薬や漢方薬などが処方されますが、その治療で治らないケースが多く、そのようなケースにはホルモン療法が有効とされています。
低用量ピルは排卵を抑制し、ホルモンのバランスを一定に保つ働きがあるため、ホルモンの変動によるニキビの症状を抑えることが出来ます。

月経前になると皮脂の分泌量が増えたりニキビが悪化する症例では特に低用量ピルをつかった治療が功を奏することが多く、避妊ではなくニキビ治療の為に低用量ピルを飲む方も少なくありません。
ホルモンバランスが改善されるまでには少なくとも数か月かかるのが一般的ですが、中には3か月程度で肌の症状が完治するケースもあります。
皮膚科の一般的な治療を行なっても肌の症状が改善しない女性が低用量ピルを使った治療に乗り換えるケースは多く、大人になってからできるニキビには特に効果があるとして期待されている治療です。

ニキビの出づらいピルはある?

ニキビには多くの種類があり、含まれている女性ホルモンの種類によってニキビに対する効果も異なります。
一般的には第三世代と呼ばれる新しいタイプの製品のほうが美肌効果が高いといわれており、世界中の女性が美肌目的で低用量ピルを服用しています。

ニキビの出にくい低用量ピルはその他にむくみにくいなど女性に嬉しい副効用が期待できるタイプもあり、美容に関心が高い女性に選ばれる傾向にあります。
低用量ピルに含まれる女性ホルモンの種類によってはニキビが悪化してしまうケースもありますが、新しいタイプの低用量ピルはそうした副作用を改善している特徴があり、女性ホルモンの含有量を極力減らしたタイプはその他の副作用も少ないとして人気を集めています。

ニキビの出づらいピルを服用するには、皮膚科や婦人科で肌のトラブルに悩んでいる点について伝えるとクリニックによっては治療に最適な製品を処方してもらえるケースがありますが、どの低用量ピルに美肌効果があるのかについては個人差が大きく、誰にでも効果があるわけではないのが実情です。

そのため、肌のトラブルに悩んでいる女性はいくつかの低用量ピルを試してみて、美肌効果の高かった低用量ピルを服用する傾向にあります。
一般的に男性ホルモンの活性が低い新しい低用量ピルはニキビ治療に効果的と言われていますが、古くから使われている第一世代のピルのほうがニキビが治るという方もいます。

自分に合った低用量ピルを見つける為にいくつかの製品を試し、ニキビ改善が顕著にみられた製品を飲み続けることによって肌の状態が改善されるケースは多く見られます。
こうした治療は婦人科や美容外科、美容皮膚科などで行われています。

おすすめ記事