低用量ピルの画像

低用量ピルは一般的に含まれている女性ホルモンの量や、販売開始時期などによって、第1世代から第4世代に分けることができます。
そしてこのなかで最新の第4世代のピルは「超低用量ピル」としても開発され、販売されるに至っております。

そして、1シート内における錠剤に含有されるホルモン量の変化を目安に、「1相性」、「2相性」、「3相性」と3種類に分別することができます。
これら低用量ピルの分別法である「世代」と「相性」の使い方としては、たとえば「第1世代の1相性」の低用量ピルというように「世代」と「相性」を含めて呼ぶようにされています。
これは第1世代の開発時期に製造され販売されたもののうち、1シート内におけるホルモンの配合量が一定のピルという意味です。

低用量ピルの定義について

低用量ピルは一般的に「エストロゲン」と呼ばれる卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンが配合されています。
このうちの「エストロゲン」は排卵をうながす作用があるホルモンで、お肌のうるおいなどといった女性らしさを保つのに役に立ちます。
また、黄体ホルモンのほうは「プロゲステロン」ともいわれていて、子宮の内膜側に作用して、受精や妊娠のといった女性特有の働きを準備しサポートする役割を持つホルモンです。

そして低用量ピルの「低」の定義は「エストロゲン」の含有量が50マイクログラム以下のものを指しています。
ですが、一概に低用量ピルといってもその種類はさまざまにあります。
低用量ピルで日本で発売されているものはおもに黄体ホルモンの含有量によっておおむね4種類に分かれています。

まずは1960年ごろに開発された「ノルエチステロン」を使用した、第1世代です。
そして「レボノルゲストレル」を使用した第2世代があり、1980年代には「デソゲストレル」を使用した第3世代が開発されました。
さらに「ドロスピレノン」と「エチニルエストラジオール」を配合した第4世代の低用量ピルというのもあります。

また、このうちの第1世代と第2世代の低用量ピルは、ホルモンの配合比などによってさらに2種類に分けることができます。
そのひとつ目は「一相性」といわれるもので、これは先ほど述べた「エストロゲン」と呼ばれる卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が、使用している期間ずっと同じ量であり続けるというものです。
そしてふたつ目は「三相性」といわれているもので、ホルモン配合比が1周期の間で3段階に変わっていくものです。

そしてこのようにいくつかの種類に分類される低用量ピルですが、使用する際にはどれを選べばいいのか悩むことと思います。
ですが使用するピルの選択に関しては、個人個人特有のホルモンのバランスであるとか体質などによっても異なってきますので、一つの種類だけでなくさまざまなものを試しながらご自分にもっとも合うピルを見つけていくというのが一番適切なことといえるでしょう。

排卵のメカニズムとピル

女性の身体は毎月のように排卵や受精、そして妊娠における準備と月経をくり返し行っています。
そしてその一定の周期をコントロールしている司令塔が、「脳下垂体」とよばれている脳中枢より分泌されている性腺刺激のホルモンなのです。

通常の状態であれば、この性腺刺激のホルモンが卵巣に直接刺激をあたえて排卵現象が起きるのですが、低用量ピルを服用していると脳下垂体が身体のなかに女性ホルモンが十分にあると判断しますので、性腺刺激ホルモン分泌量をおさえることができるのです。
その結果として卵巣の働きが休み、排卵をおさえることができるわけです。
もちろん受精や妊娠も起こることはありません。

そのほかの働きとしては子宮内膜にたいして、受精卵を着床しにくくさせたり、子宮頸管の粘膜に作用して性交渉のあとなどに精子が入ってくるのを防ぐ働きがあります。

このように低用量ピルはのぞまない妊娠を回避するための避妊薬として使用されています。
そして正しい方法で服用した場合の避妊成功率は、99パーセント以上ともいわれていますので、その信頼性は非常に高いものといってよいでしょう。
なかには飲み忘れてしまったりということもあるでしょうが、多少の飲み忘れであれば90パーセント以上の避妊率は確保できるはずです。

ちなみに「オギノ式」といわれる、排卵日をあえて避けながら性交渉をするリズム法での避妊法がありますが、その避妊率はおよそ75パーセントから90パーセントほどであるという研究結果もあります。
このことからも低用量ピルでの避妊率はこの「オギノ式」といわれる避妊法などよりも高いということがわかり、低用量ピル服用による避妊率がいかに信頼性のあるものであるかがわかると思います。

低用量ピルの世代の意味について

低用量ピルの世代についてのそれぞれのくわしい内容ですが、まず第1世代のピルに関してですが、これはいわゆる「黄体ホルモン」としてもっとも最初に開発されたもので「ノルエチステロン」と呼ばれものを使用したピルです。
この「ノルエチステロン」とは人工的に合成された「黄体ホルモン」です。
また「ノルエチステロン」は国内で発売されている3種類のプロゲストーゲンのうちの1つとされています。

第1世代とは

この第1世代は「卵胞ホルモン」の作用が弱めなので、「黄体ホルモン」の量が増えていく傾向にあります。
また、「ノルエチステロン」と「エチニルエストラジオール」を配合していますので「月経困難症」のコントロールに適していて「子宮内膜症」の治療効果に優れているという特徴があります。

第2世代とは

そして第2世代ピルですが、これは第1世代にも含まれている「黄体ホルモン」の量をおさえるのが目的で1970年代に開発されたものです。

この第2世代ピルには「レボノルゲストレル」が配合されていて、「黄体ホルモン」の量を低くおさえながらも効きめが強いのが大きな特徴となっております。
また「レボノルゲストレル」はホルモン製剤の一種であり、この「レボノルゲストレル」の作用によって子宮内膜をほどよく安定させることが可能となっています。
これによって服用中における不正出血の頻度も少なくなり、休薬中においても月経が正常に起こるようになっていきます。

この「レボノルゲストレル」のほかに「エチニルエストラジオール」を配合するタイプの第2世代の低用量ピルが、国内での処方ではもっとも多くあるようです。
リスクとしてはにきびが出やすくなったり、体毛が濃くなるといった男性化作用が起こる可能性があるということが挙げられます。

第3世代とは

第3世代のピルになると第2世代のピルの強い効果を保ちながらも男性化作用、いわゆる「アンドロゲン作用」といわれる現象をおさえるよう研究が進められていきました。
そしてその開発目標を踏まえ1980年代にはいくつかの種類の第3世代のピルが開発され販売に至ったのです。
その結果、男性化作用である「アンドロゲン作用」をおさえることに成功したといわれています。

そしてこの第3世代ピルには「デソゲストレル」と、多くの第2世代にも配合されていた「エチニルエストラジオール」が配合されています。
この「デソゲストレル」はプロゲストーゲンの一種で、通常「デソゲストレル」といえばよく糖尿病や高脂血症の患者の治療にもよく使われておりますが、第3世代ピルにおける「デソゲストレル」はホルモンによる避妊に大きな効果を発揮します。

また、この第3世代の低用量ピルには先ほども述べたような、「アンドロゲン作用」を押さえる作用のほかにも、にきびの治療や「多毛症」の改善にも効果があることがわかっており、海外ではそういった目的でも多く処方されているようです。
そしてリスクとしては、血栓症になる可能性が高まるということが挙げられます。

第4世代とは

第4世代のピルになると通常、「エストロゲン」含有量は50マイクログラム以下となっていた低用量ピルですが、それをさらにおさえめにして30マイクログラム以下とし、さらに過去の世代の低用量ピルにも含まれる「エチニルエストラジオール」のほかに「ドロスピレノン」という黄体ホルモンも配合した低用量ピルが開発、販売されていきました。

この「ドロスピレノン」は黄体ホルモン剤の一種で、「ドロスピレノン」が配合されている低用量ピルは第4世代と分類されることが多いですが、なかには第3世代の一種に分類するという考えもあるようです。
ちなみにこの「ドロスピレノン」はアンドロゲン活性を無効にすることに成功した黄体ホルモン剤でもあります。

また、第4世代の低用量ピルはホルモン量がほかの世代に比べて少ないことから、「超低用量ピル」とも呼ばれています。
そしてこの第4世代の低用量ピルも第3世代と同じように、にきびや吹き出ものに対する治療効果も高ということがわかっております。
また、利尿作用を促し顔などがむくみにくいという特徴もあります。
リスクとしては血栓症や血栓塞栓症といったものが報告されています。

このように低用量ピルの世代は新たなものへと研究や開発が続けられてきました。
しかし、一概に新しいもののほうがより良いかというと、そうとも言い切れないところがあるようです。

低用量ピルの相性の意味について

低用量ピルの種類は世代のほかにも「相性」と呼ばれる分類法もあります。
これは「あいしょう」ではなく「そうせい」と読みます。
そしてこの「相性」には1相性から3相性までが存在しています。

この「相性」として分類される基準についてですが、これは錠剤に含まれているホルモンの配合量によって違ってきます。
たとえば、1シート内に含まれている錠剤でホルモン配合量がすべて同じであるものを「1相性」のピルと呼び、ホルモンの配合量が1シート内で2段階に変化するものを「2相性」ピルと呼び、3段階に変化するものを「3相性」ピルと呼びます。
この「2相性」と「3相性」を「段階型ピル」とも言います。

「1相性」について

まず「1相性」についてですが、これは低用量ピルのなかにおいて1周期である21日分の薬に「プロゲストーゲン」と「エストロゲン」が一定の比率で配合されている低用量ピルのことをいいます。
ですので、1相性の低用量ピルの「黄体ホルモン」や「卵胞ホルモン」の配合量は、21日間ずっと同じとなります。
ちなみにこの1相性ピルは3相性ピルにくらべると1周期、つまり21日あたりのホルモン摂取量がやや多くなっていて、その量は3相性ピルのおよそ130パーセント程度となっております。

またこの1相性の低用量ピルのメリットとしては、使用が非常にお手軽ということが挙げられます。
これはパッケージにある錠剤すべてのホルモン量が同じなので、もしも飲み間違えてしまってもなんら問題はありません。
このように1相性のピルは順番を気にすることなく服用ができるのです。
そのほかのメリットとしては、含有されているホルモン量が同じなので、ホルモンバランスの変化も少なくなります。
そのため「月経前症候群」、いわゆる「PMS」の改善にも最適なのです。

「2相性」と「3相性」について

1相性ピルが1周期、21日間中ずっと一定のホルモン配合量で薬を服用し続けるのにたいして、2相性ピルと3相性ピルはホルモン配合の比率がそれぞれ、2段階、3段階に変化していく薬を決められた順番で服用していきます。
このように配合の比率を変えていくことで、女性のカラダに本来備わっているホルモンバランスに擬似的に近づけていくことができ、よりナチュラルに有効成分を摂取できるようになるのです。

この3相性ピルを選ぶ場合のメリットとしては、3相性ピルを服用することで不正出血の回数が、その他の低用量ピルと比べても低くおさえられるということが挙げられます。

また、副作用やリスクについてはおもに頭痛や吐き気、不正出血、乳房痛などといったものがありますが、これはどの「相性」の低用量ピルについても基本的に同じです。
ですが3相性のピルは1相性のピルに比べてこれらの副作用がやや出にくくなっているようです。
しかし例外として、2相性ピルや3相性ピルは2段階、3段階にホルモンの量が変化していくためにホルモンのバランス変化に敏感な人の場合には副作用も強く出る傾向にあるようです。

ちなみにこの2相性ピルや3相性ピルは、1相性ピルと違い飲み間違えてしまうこともあるかと思いますが、たとえ多めに服用してしまってもあまり問題はありません。
そのまま翌月も決められた量を服用してください。
そしてシート内のピルをすべて服用したら、次のシートへと移ります。

ピルの服用後すぐに体調に変化が出た場合には、多く服用した影響で副作用が出ることもありえますが、大きなリスクになることはあまりありません。
万が一副作用による症状がひどい場合にはお医者さんに診てもらうことも必要ですが、ほとんどの場合一か月から二か月ほど服用し続けることで副作用の頻度は減っていく傾向にあるようです。

また色の違うピルを服用し間違えた場合でも、服用してしまった錠剤ともともと服用するはずだった錠剤が同じ色であれば、錠剤に含まれるホルモンの含有量は同じですので、まったく問題はありません。